FrontPageへ戻る.

PreferenceBrowser(プリファレンスブラウザ)でカスタマイズ

チェックボックスをチェックするとそのPerference名の値がtrueに,チェックをはずすとfalseになります.操作方法はTools/PreferencesBrowserを参考にしてください.クラス解説Preferenceも参照.

IRC3.7

autoJoinSqueakChannel3.7
trueの場合,IRCクライアントは自動的に Squeak Channelに参加します.

browsing

abbreviatedBrowserButtons
true:ブラウザのボタンのラベル名を省略形とする.
ture: AbbreviatedBrowserButtonsOn.png
false: AbbreviatedBrowserButtonsOff.png
alternativeBrowsIt
Brows itの起動変更
| mimeDoc |
mimeDoc := 'http://www.squeak.org/' asUrl retrieveContents.
&color(black,#33FF33){Transcript}; show: mimeDoc content.
上記コードでTranscriptを選択して,browse it(alt-b)する
true:クラスの選択 alternativeBrowsItOn.png
→hierarchyブラウザ起動
false:System Browser起動 alternativeBrowsItOff.png
annotationPane
アノテーションペーンを追加する
true: annotationPaneOn.png
ansiAssignmentOperatorWhenPrettyPrinting3.7
trueならばbrowseWithPrettyPrintがtrueの時,代入記号を':='とする.
balloonHelpInMessageLists
ブラウザのメッセージリストでバルーンヘルプが出るようになる.
true: balloonHelpInMessageListsOn.png
BrowseWithDragNDrop
ブラウザでドラッグできるようになる
true: BrowseWithDragNDropOn.png
browseWithPrettyPrint
きれいにソースを整形してコードを表示する.
true:
openAsMorphLabel: labelString
   "Build a morph viewing this transcriptStream"
   | window |
   window _ (SystemWindow labelled: labelString)
                           model: self.
   window
           addMorph: (PluggableTextMorph
                           on: self
                           text: nil
                           accept: nil
                           readSelection: nil
                           menu: #codePaneMenu:shifted:)
           frame: (0 @ 0 corner: 1 @ 1).
   ^ window
false:
openAsMorphLabel: labelString
   "Build a morph viewing this transcriptStream"
   | window |
   window _ (SystemWindow labelled: labelString) model: self.
   window addMorph: (PluggableTextMorph on: self text: nil accept: nil
                   readSelection: nil menu: #codePaneMenu:shifted:)
           frame: (0@0 corner: 1@1).
   ^ window"Build a morph viewing this transcriptStream"
browserNagIfNoClassComment3.7
クラスコメントがないと警告を出す
browserShowsPackagePane
ブラウザにパッケージペーンがつきます.
true: browserShowsPackagePaneOn.png
colorWhenPrettyPrinting
browseWithPrettyPrintがtrueのときカラーで表示します.
true: colorWhenPrettyPrintingOn.png
confirmFirstUseOfStyle
browserのコード入力では文字のスタイルを変更できますが,trueの時初めてスタイルを反映(accept it)させる時に確認ダイアログを出します.2回目以降は確認ダイアログは出ません.falseの時確認ダイアログを出しません.
decorateBrowserButtons
trueの時hierarchy ボタンなどの装飾を行う.
diffsInChangeList
trueの時changeListブラウザでdiff表示を標準とする.
diffsWithPrettyPrint
trueの時整形表示を行う.
dragNDropWithAnimation
BrowseWithDragNDropがtrueのときtrueでアニメーション表示とする
ignoreStyleIfOnlyBold
browserのコード入力では文字のスタイルを変更できますが,trueのときボールドスタイルの変更のみ場合は確認ダイアログを出しません.falseの時確認します。
menuButtonInToolPane
trueの時ブラウザにmenuボタンを追加する。
menuButtonInToolPaneOn.png
optionalButtons
trueの時ブラウザにbrowseボタンなどをつける.
false: optionalButtonsOff.png
printAlternateSyntax
整形時に下記フォーマットを選択
  • true:experimental syntax
  • false:ST-80 syntax
smartUpdating
trueの時inspectorなどで表示内容を自動的に更新する.

connectorsSq05

alwaysShowConnectionVocabulary
trueの場合,コネクタと接続しているMorphのViewerでコネクタのボキャブラリーを表示する.例えばコネクタと接続しているMorphのViewerでtrueとするとボキャブラリーのカテゴリにembeddingsが選べる.
useSmartLabels
trueの場合移動でコネクタのラベルがコネクタ近傍に再配置される.falseの場合ラベルは相対位置を保つように再配置される.

debug

cmdDotEnabled
trueの時Interrupt(alt-.)有効でdebugger起動.
cpuWatcherEnabled
trueの時cpu使用率をモニタリングして、高負荷な時にデバッグしたりresume,プロセスを停止することができる.
debugHaloHandle
trueの時haloのハンドルにデバッグ用haloのハンドルをつける.
true: debugHaloHandleOn.png
debugPrintSpaceLog
trueの時image segment中の使用量をログ出力する.
debugShowDamage
trueの時morphicの再描画で,描画前に前の表示内容を表示する.
extraDebuggerButtons
trueでoptionalButtonsがtrueの時デバッガにコードtoolsボタンをつける.
true: extraDebuggerButtonsOn.png
logDebuggerStackToFile
trueの時デバッガ起動時のスタック内容を'SqueakDebug.log'に書き出す.
restartAlsoProceeds
trueの時restartボタン選択でデバッガを介さず続行.falseの時はrestartボタン選択でデバッガ上で初期状態に戻る.
showDeprecationWarnings
trueの時非推奨のメソッドが使われた場合に警告を出す.

fileout

changeSetVersionNumbers
trueの時チェンジセットの拡張子にバージョン番号をつけます.
(例)5425DummyBabelFor36-dgd.1.cs
falseの時チェンジセットの拡張子に時間をつけます。
(例)5425DummyBabelFor36-dgd.07Apr2351.cs
checkForSlips
チェンジセットfile out時にデバッグコードが含まれているかチェックします.
conversionMethodsAtFileOut
? [TODO]conversionMethodsAtFileOut
defaultFileOutFormatMacRoman
[TODO]defaultFileOutFormatMacRoman
twentyFourHourFileStamps
tureの場合changeSetVersionNumbersがfalseの時時間表記を24H表記とします.
warningForMacOSFileNameLength3.7
trueの時,MacOS用にファイル名の長さをチェックする.

flaps

automaticFlapLayout
trueの時可能ならフラップがアプリケーションに隠れた場合に,スクリーン下部にリレイアウトする.
classicNavigatorEnabled
trueの時,昔のナビゲータの形状にします.
compactViewerFlaps
trueの時,Viewer(eToy)をフラップ内に表示する場合フラップの大きさをViewerの大きさに合わせます.falseの時,Viewer(eToy)をフラップ内に表示する場合フラップの大きさはScreenの大きさに合わせます.
navigatorOnLeftEdge
trueの時,navigatorを左側に配置します.
okToReinitializeFlaps
trueの時,コード変更時にflapの初期化を行います.falseの時,flapの初期化を行いません.
showSharedFlaps
trueの時,共有flapsの表示.falseの時,共有flapsの非表示.
viewersInFlaps
trueの時,Viwerをflapsに収納します。 falseの時,Viewerをflapsに収納しません。ただし不安定になるようです.

general

autoAccessors
trueの時,アクセサが実装されていないくてもインスタンス変数名から自動生成します.
automaticPlatformSettings
trueの時,プラットフォームに応じて自動的にPreferenceを設定します.
caseSensitiveFinds
trueの時,検索時に大文字小文字を区別します.
celesteDespam3.7
trueの時,Celesteでスパム対策オプションを有効にします.
celesteHasStatusPane
trueの時,celesteにステータスペーンを設けます.
celesteShowsAttachmentsFlag
? [TODO]celesteShowsAttachmentsFlag
duplicateControlAndAltKeys
trueの時,AltキーとCtrlキーを同じにします(Alt-c=Ctrl-c).
enableInternetConfig
MacOS Xでのみ有効で,trueの場合HTTPプロキシー設定を自動で行う. [TODO]enableInternetConfig
honorDesktopCmdKeys
trueの時,Desktopで効くAlt(Cmd)ショートカットを有効にします.
infiniteUndo
trueの時,無制限のアンドゥを有効にします.ただし,save/quit時にアンドゥバッファはクリアされます.
modalColorPickers
trueの時,カラーピッカーはクリック時に閉じます.
noviceMode
trueの時,次のようになります.
  1. クローズボックスにバルーンヘルプを付けます.
  2. System Windowではクローズボックス,メニューボックス,collapseボックスにバルーンヘルプを付けます.
  3. TextMorphでコードペーンメニュー(検索など)を出しません.
projectsSentToDisk
trueの時,現在のプロジェクト以外ディスクにSwap outします.(diskに書き出してる気配がないんですが.)
readDocumentAtStartup
trueの時,起動時にコマンドラインで指定したスクリプトを実行します.
selectionsMayShrink3.7
trueの時矢印キーで選択領域を狭めることができます.
swapControlAndAltKeys
trueの時,AltキーとCtrlキーを入れ替えます.ただしduplicateControlAndAltKeysがtrueの場合有効となりません.
swapMouseButtons
trueの時,マウスボタン2と3を入れ替えます.
thoroughSenders
trueの時,SystemNavigation>>allCallsOn:呼び出し時にhasLiteralThorough:を呼び出して,メッセージ引数が配列でさえ調査するようにします.CompiledMethod>>hasLiteralThorough:参照.
useFileList2
trueの時,openメニューからのfile list起動でenhanced版を使います.
true: fileList2.png
false: fileList.png
useLocale:Sq05
trueの場合起動時にシステムロケールから使用言語を設定します.
useUndo
trueの時,morphicでundoを有効にします.
warnIfNoChangesFile
trueの時,チェンジファイルがない場合に警告を出します.
warnIfNoSourcesFile
trueの時,ソースファイルがない場合に警告を出します.
wordStyleCursorMovement3.7
trueの時,テキスト中のカーソルの動きは表示された行に沿って動きます. [TODO]wordStyleCursorMovement

halos

biggerHandlesSq05
trueの場合一回り大きなハンドルを表示します.
debugHaloHandle
debugカテゴリの項参照
haloEnclosesFullBounds
trueの場合ハロはMorphを最大に外接する矩形上に出現するようにします.
haloTransitions
trueの時,ハロの出現・消滅時にフェードイン・アウトを行います.
magicHalos
trueの時マウスがハロに重なるまで半透明に表示します.
mouseOverHalos
morphにマウスを合わせたときに自動的にハロを表示します.
oliveHandleForScriptedObjectsSq05
trueの場合スクリプトがあるMorphで'複製のハロ'を'兄弟をつくるハロ'にします.通常(eToyFriendlyモード)はfalseです.
propertySheetFromHalo
trueの時[halo_change_color]をクリックした場合PropertySheetを表示.shiftキーを押してクリックすると旧来のColorPickerとなる.
selectiveHalos
trueの時,morphで設定内容に基づいてハロを表示します.例えば,morphのresist being deletedをチェックした場合deleteハロを表示しません.
showBoundsInHalo
ハロと同時にmorphの外接する矩形を描画.
showDirectionForSketches
trueの時,SketcheMorphで常に方向ハンドルを表示します.
showDirectionHandles
trueの時,ハロと同時に方向ハンドルを表示します.
uniqueNamesInHalos
ハロの下部に表示するmorph名で,tureの場合morph名が重複しないよう名前をつける.
iconic/classic/simple/custom
下図を参照.
halo_option.gif

media

canRecordWhilePlaying
trueの時,音の録音・再生を同時に行えるようにします(プラットフォーム依存).
compressFlashImages
trueの時,Flashは自動的に8bitカラーに圧縮されます.
extractFlashInHighQuality
trueの時,Flashを高品質モードで抽出する.
extractFlashInHighestQuality
trueの時,可能な限り高品質で抽出する.
fenceSoundEnabled
SqueakToyでMorphがPlayFieldの端にぶつかったとき音を鳴らす.
includeSoundControlInNavigator
(Macのみ)trueの時,Navigatorにサウンドコントロールをつけます.
soundQuickStart
trueの時,'quick start'を使って音を再生する.
soundStopWhenDone
trueの時,再生終了とともにプレーヤを終了する.
soundsEnabled
trueの時,サウンド有効です.falseの時,サウンド無効です.
twoSidedPoohTextures
? [TODO]twoSidedPoohTextures

menus

classicNewMorphMenu
trueの時,旧版のnew morphメニュとする.
true: ClassicNewMorphMenu.gif
false: CurrentNewMorphMenu.gif
gradientMenu3.7
trueの時,メニュー背景にグラデーションをかけます.
true:MenuIconTrue.png false:MenuGraientFalse.png
honorDesktopCmdKeys
generalの項参照.
menuAppearance3d3.7
trueの時,メニュー表示に立体感を出します.
true:MenuIconTrue.png false:Menu3dFalse.png
menuColorFromWorld
trueの時,メニューの背景色をデスクトップカラーに合わせます.
menuKeyboardControl
trueの時,メニュー項目の上下カーソルキーでの選択・メニュー項目の検索を有効にする.(けどいつも有効のような?)
menuWithIcons3.7
trueの時メニュー表示にアイコンを表示します.
true:MenuIconTrue.png false:MenuIconFalse.png
personalizedWorldMenu
trueの時,デスクトップでの右クリックでpersonalized World Menuを有効にする.falseの時は,右クリックはWorldメニューとなる.
roundedMenuCorners
trueの時,メニューの角を丸くする.
scrollBarsWithoutMenuButton
scrollingの項を参照.
simpleMenus
trueの時,簡易メニューとする.
timeStampsInMenuTitles
trueの時,タイムスタンプ表示をメニュータイトルにつけます.

morphic

areaFillsAreTolerant
塗りつぶしfloodFill)における許容誤差を変更する.Form>>floodFill:at:参照.
areaFillsAreVeryTolerant
areaFillsAreTolerant参照.areaFillsAreTolerantより優先される.
balloonHelpEnabled
trueの時,バルーンヘルプを有効にします.
balloonHelpInMessageLists
browsingの項参照.
classicNewMorphMenu
menusの項参照.
easySelectionSq05
trueの場合Shiftキー+ドラッグ操作でMorphの複数選択をドラッグ操作だけで出来るようになる.
morphicProgressStyleSq05
trueの場合Morphic版のプログレス表示を使うようにする.
mouseOverForKeyboardFocus
テキストペーンやリストペーンからマウスフォーカスが外れた場合に,trueの場合キーボードフォーカスも外れるがfalseの場合キーボードフォーカスは外れない.具体的にはtrueのときマウスフォーカスをはずすといわゆるデスクトップコマンドキー(Alt[cmd]-bなど)が使える.
preserveTrash
trueの時,ゴミ箱へ移動しても消しません.falseの時,即座に消去します.
showAdvancedNavigatorButtonsSq05
trueの場合ナビゲータフラップが次のようになります.
AdvancedProjectNavigation.png
true時のナビゲータフラップ
showLinesInHierarchyViewsSq05
[TODO]showLinesInHierarchyViews
showProjectNavigator
Navigator Flapの形状を変更する.classicNavigatorEnabledをONにすると連動してshowProjectNavigatorがONとなる.
slideDismissalsToTrash
trueの時,morphを消去する際にアニメーションを行います.
tabAmongFieldsSq05
trueの場合テキストモーフのフォーカスをタブキーで変更できるようになります.
unlimitedPaintArea
trueの時,ドローツールの描画サイズ制限を解除します.

performance

cpuWatcherEnabled
debugの項参照.
higherPerformance
CPUリソースを多くSqueakに与える.具体的にはinteraction ループを実行する1サイクルにおいてWait時間を最小にする. WorldState>>doOneCycleFor:参照.
morphicProgressStyleSq05
morphicの項参照.
turnOffPowerManager
パワーマネージメント機能をオフにする.PowerManagementクラス参照.

printing

postscriptStoredAsEPS
[halo_menu]のprintでPSのかわりにEPSを出力します.

projects

alphabeticalProjectMenu
trueの時,world/project/jump to project...でプロジェクトをアルファベット順にソートして表示します.falseの時,階層構造で表示します.
checkForUnsavedProjects
trueの時,Squeak終了時に未保存のプロジェクトがある場合に問い合わせします.
enableLocalSave
trueの時,'save on local disc'ボタンを有効にします.
expandedPublishingSq05
trueの場合拡張モードの公開ダイアログとなります.
mvcProjectsAllowed
trueの時,MVCプロジェクト作成を有効にします.falseの時,'create new mvc project'をworld/projectメニューに表示しません.
projectViewsInWindows
trueの時,プロジェクトを作成した場合にリンクを'system window'で作成します.
projectZoom
trueの時,プロジェクトオープン時にエフェクトを行います.
signProjectFiles
DSA(Digital Signature Algorithm)によるデジタル署名を改ざん防止のためプロジェクトファイルに付加します*1.

publishing

allowEtoyUserCustomEventsSq05
[TODO]allowEtoyUserCustomEvents
allowCelesteTell
trueの時,通知機能にCeleste(メーラ)を使います? [TODO]allowCelesteTell
enableLocalSave
trueの時,ハードディスクへの保存ボタンを有効にします.
passwordsOnPublish
trueの時,保存時にパスワードを求めます?. [TODO]passwordsOnPublish
showFlapsWhenPublishing
trueの時,保存時に共有・ナビゲータフラップを表示します.

scripting

automaticViewerPlacement
[TODO]automaticViewerPlacement
batchPenTrails
画面の表示を更新する間に行われた複数の移動をまとめて一つの線分としてペン軌跡にするかどうか
capitalizedReferences
[TODO]capitalizedReferences
dropProducesWatcherSq05
[TODO]
eToyFriendly
trueの時,左(赤)ボタンクリックでWorldメニューを出さない(Ctrl+赤ボタンクリックでWorldメニュー表示).
eToyLoginEnabled
trueの時,プロジェクト保存時サーバのファイル置き場をリストアップして保存できるようにする.
fenceEnabled
trueの時,Morphの移動時にPlayFileldの端で止まるようにする.
keepTickingWhilePaintingSq05
[TODO]keepTickingWhilePainting
tileTranslucentDrag
tileをドラッグする時,tureの場合,背景を透明にする.
translationWithBabel3.7
[TODO]translationWithBabel
typeCheckingInTileScripting
[TODO]typeCheckingInTileScripting
uniTilesClassicn
[TODO]uniTilesClassic
universalTiles
[TODO]universalTiles
useButtonProprtiesToFire
[TODO]useButtonProprtiesToFire
useVectorVocabularySq05
[TODO]useVectorVocabulary

scrolling

alternativeButtonsInScrollBars3.7
trueの時スクロールバーのボタンの外観を変更します.
true:ScrollBar_true.png
false:ScrollBar_false.png
alternativeScrollbarLook
スクロールバーの外観を変更する.
alwaysHideHScrollbar3.7
trueの時,水平スクロールバーを隠します.alwaysShowHScrollbarより優先します.
alwaysShowHScrollbar3.7
trueの時,水平スクロールバーを常に表示します.
alwaysShowVScrollbar3.7
trueの時,垂直スクロールバーを常に表示します.
gradientScrollBars3.7
trueの時,スクロールバーにグラディエントをかけます.
true:ScrollBar_true.png
false:ScrollBar_gradient_false.png
hiddenScrollBars3.6
trueの時,フォーカスのあるときのみ表示す る.3.7でunclassifiedカテゴリへ移動.
inboardScrollbars
trueの時,スクロールバーを常に表示する.falseの時,スクロールバーを必要に応じて表示する.
scrollBarsNarrow
trueの時,スクロールバーの幅を小さくする.
scrollBarsOnRight
trueの時,スクロールバーの配置を右側にする.
scrollBarsWithoutMenuButton
trueの時,スクロールバー上のメニューボタンを表示しない.

security

automaticKeyGeneration
tureの時暗号の鍵ペア(つまり公開鍵と秘密鍵)がなければ,バックグラウンドで生成する.
eToyLoginEnabled
scriptingの項参照
securityChecksEnabled
セキュアコンテンツ(プロジェクト)をダウンロードする場合にチェックを行うようにする.SecurityManager>>enterRestrictedMode参照.
showSecurityStatus
trueの時,システムがセキュリティーモードの時プロジェクトのボーダーを赤く描画します.
startInUntrustedDirectory
trueの時,デフォルトディレクトリをSecurityManagerから得る専用ディレクトリとします.
warnAboutInsecureContent
セキュアコンテンツ(プロジェクト)をダウンロードする場合に警告を出すようにする.SecurityManager>>enterRestrictedMode参照.

sunit

testRunnerShowAbstractClassesSq05
[TODO]testRunnerShowAbstractClasses

updates

promptForUpdateServer
trueの時,アップデート時にServer選択を行う.falseの時,Server選択はない.
updateFromServerAtStartupSq05
[TODO]updateFromServerAtStartup
updateSavesFile
trueの時,アップデートと同時にコピーをディスクに保存する.

windows

alternativeScrollbarLook
trueの時,スクロールバーの外観を変更します.
alternativeWindowBoxesLook3.7
trueの時,ウィンドウボタンの外観を変更します.
WindowBoxesLook_true.pngtrueWindowBoxesLook_false.pngfalse
alternativeWindowLook
trueの時,ウィンドウの外観を変更します.
cautionBeforeClosing
MVCプロジェクト内のmorphicウィンドウを閉じるときに警告をします.
clickOnLabelToEdit
trueの時,System Windowのタイトル部分のクリックでタイトル変更ができるようにします.
collapseWindowsInPlace
trueの時,Windowをたたむ時にその位置にをたたまれます.
dismissAllOnOptionClose
trueの時,mac option keyと同時にcloseアイコンをクリックすると変更を無視します.(Windows環境の場合マックオプションキーって?)
fastDragWindowForMorphic
trueの時,Windowの移動時に枠だけ描画します.これにより高速に移動できます.
fullScreenLeavesDeskMargins
trueの時,Window最大化のときマージンをとります.falseの時,共有falpを除いてできるだけスクリーン一杯に最大化します.
reverseWindowStagger
falseの時,Windowが小さくなります.
roundedWindowCorners
trueの時,Windowの4隅を丸くします.
systemWindowEmbedOK
? [TODO]systemWindowEmbedOK

unclassified3.7

hiddenScrollBars3.7
trueの時,フォーカスのあるときのみ表示する.3.7でunclassifiedカテゴリへ移動.
useFormsInPaintBoxSq05
[TODO]useFormsInPaintBox

パラメータ一覧

下記方法でパラメータを変更できます.

書式:
Preferences setParameter: #parameter to: newValue.
例:
Preferences setParameter: #insertionPointColor
    to: Color blue.

いくつかは上記方法では変更が有効になりません.なぜ?

パラメータ一覧
パラメータ内容
#HaloSpecs
#HaloTheme
#MethodAnnotations
#PersonalDictionaryOfPreferences
#defaultAnnotationPaneHeight
#defaultButtonPaneHeight
#eToysFont
#insertionPointColorキャレットの色(Color)
#keyboardFocusColor
#maxBalloonHelpLineLengthバルーンヘルプの最大文字数/行
#menuBorderColorメニュー境界色(Color)
#menuBorderWidthメニュー境界幅
#menuColorメニュー背景色(Color)
#menuLineColor
#menuTitleBorderColor
#menuTitleBorderWidth
#menuTitleColor
#numberOfRecentSubmissionsToStore
#standardButtonFont
#standardCodeFont
#standardFlapFont
#standardListFont
#standardMenuFont
#textHighlightColor
#windowColors
#windowTitleFont

[TODO]パラメータ一覧


コメント・つっこみ


*1 参照: SecurityManagerクラス

添付ファイル: filehalo_option.gif 412件 [詳細] filefileList2.png 492件 [詳細] fileoptionalButtonsOff.png 452件 [詳細] filemenuButtonInToolPaneOn.png 444件 [詳細] filefileList.png 370件 [詳細] fileextraDebuggerButtonsOn.png 492件 [詳細] filedebugHaloHandleOn.png 368件 [詳細] filealternativeBrowsItOff.png 478件 [詳細] fileannotationPaneOn.png 484件 [詳細] fileballoonHelpInMessageListsOn.png 525件 [詳細] filebrowserShowsPackagePaneOn.png 499件 [詳細] filecolorWhenPrettyPrintingOn.png 517件 [詳細] filealternativeBrowsItOn.png 446件 [詳細] fileMenuGraientFalse.png 379件 [詳細] fileMenuIconFalse.png 376件 [詳細] fileWindowBoxesLook_false.png 451件 [詳細] fileScrollBar_gradient_false.png 489件 [詳細] fileScrollBar_true.png 435件 [詳細] fileMenuIconTrue.png 429件 [詳細] fileScrollBar_false.png 467件 [詳細] fileWindowBoxesLook_true.png 463件 [詳細] fileCurrentNewMorphMenu.gif 444件 [詳細] fileMenu3dFalse.png 423件 [詳細] fileAbbreviatedBrowserButtonsOn.png 496件 [詳細] fileClassicNewMorphMenu.gif 391件 [詳細] fileBrowseWithDragNDropOn.png 496件 [詳細] fileAbbreviatedBrowserButtonsOff.png 510件 [詳細] fileAdvancedProjectNavigation.png 486件 [詳細]

Last-modified: 2006-07-29 (土) 19:03:58 (4828d)