Seasideへ戻る

FAQ

Seasideとは

Webサービスのビジネスロジックを容易に構築

柔軟なビジネスロジックの実装を実現するフレームワークとなっている。

Smalltalkによる動的な変更

Webブラウザからソースの修正/CSS編集が可能で、修正後すぐに動作を確認できる。

いくつものWebアプリケーションを同時にURLにマッピングして動作

Seaside対応ホスティングサービスは?

netstyle.ch|http://www.seasidehosting.st/:フリーで非商用なホスティングサービス

現在のサービスを得る

HttpService services do: [:service |
	service plug inspect]

エントリポイントの削除

WADispatcher default entryPoints removeKey: 'エントリポイント'

エイリアス

次のコードはドキュメントツリーに'/resources'を追加するもので、実体は'c:/phots'となる。

| module seaside |
KomSeasideJ stop.
seaside := KomSeasideJ default.
module := ModuleAssembly core.
module alias: '/seaside' to: [
	module addPlug: [ :request | seaside process: request ] ].
module alias: '/resources' to: [
	module documentRoot: 'c:/phots'.
	module directoryIndex: 'index.html index.htm'.
	module serveFiles ].
(HttpService startOn: 9090 named: 'seaside')
	plug: module rootModule.

"サービスの停止"

HttpService allInstancesDo: [:each | each stop. each unregister]

![[Seaside FAQ|http://www.motionobj.com/seasidefaq/]]より

ドキュメントルートを設定する

WAKom stop.  "Stop Seaside if it is already running"
seaside := WAKom default.
ma := ModuleAssembly core.
ma serverRoot: FileDirectory default fullName.
ma alias: '/seaside' to: [ma addPlug: [:request | seaside process: request]].
ma documentRoot: FileDirectory default fullName.
ma directoryIndex: 'index.html index.htm'.
ma serveFiles.
service := (HttpService startOn: 9090 named: 'httpd') plug: ma rootModule

画面下部のツールバーを消す方法

configurationページでDeployment Modeをtrueにする。

ログインユーザ名・パスワード

ログインユーザ名・パスワード読み取り

(WADispatcher default entryPoints at: 'config') preferenceAt: #login.
(WADispatcher default entryPoints at: 'config') preferenceAt: #password.

ログインユーザ名・パスワード変更

(WADispatcher default entryPoints at: 'config') preferenceAt: #login put: 'new id'.
(WADispatcher default entryPoints at: 'config') preferenceAt: #password put: 'new password'.

コメント・つっこみ



Last-modified: 2007-02-06 (火) 21:21:10 (4635d)